病床機能データ検索システム

病症機能データ検索システムは、「病症機能報告データ」(平成28年7月1日時点の医療機能として報告されたデータ)に基づいた、大阪府下のすべての病院の医療機能が検索できるシステムです。

「病床機能報告」とは、地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要性があったことから、平成26年度から開始された制度です。
毎年度、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能を自ら選択し、病棟単位を基本として都道府県に報告する仕組みとなっております。
また、医療機能の報告に加えて、その病棟にどんな設備があるのか、どんな医療スタッフが配置されているのか、どんな医療行為が行われているのかについても報告することとしています。(大阪府ホームページより引用)

近日公開予定

※ 病床機能データ検索システムは近日公開予定です。

ページのトップへ戻る